×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プラダ携帯(PRADA Phone)がNTTドコモ(docomo)から登場!!

プラダフォン(PRADA Phone)と呼ばれるプラダ携帯が高級ブランド携帯として注目されています。随分と前から話題となっていましたが、もう既に知っていますか?このプラダ携帯は、あのイタリアの大手ブランドのプラダとLG電子が製品の企画段階から共同開発して完成させた携帯電話です。
携帯電話の歴史を振り返ると、1999年にインターネット、2000年にはカメラ、2003年にはGPSナビやアナログテレビ、2004年には電子マネー、2006年にはワンセグなどの新機能を開発し次々と発表してきました。しかし、新機能開発も行き詰まりとなり差別化が難しくなってきた中、新たにブランドという付加価値をつけて登場したのが、プラダ携帯(プラダフォン)なのです。
果たして、プラダ携帯がNTTドコモ向けの製品として、停滞する携帯市場の起爆剤となるのか今後が楽しみです。結果によっては、他のブランドも追随して登場するかもしれませんね♪

プラダ携帯の価格は?

プラダ携帯(PRADA Phone)がNTTドコモ(docomo)の販売店から発売されましたね♪肝心のプラダ携帯の価格はというと基本使用料の安いコースで9万6600円という設定になっています。やはり高級ブランド携帯と言われるだけの価格設定になっています。しかし、「PRADA」のロゴを画面上部にあしらっているのでプラダブランドが好きな人には、価格に関係なく魅力的な存在になっているのではないでしょうか!?
このプラダ携帯は、「PRADA」ブランドが先行して話題になりがちですが、シンプルで洗練されたデザインと持ち運びに便利なコンパクト設計、おまけに操作性も良いのでプラダ好き以外の人も魅力的な携帯となっています。あとは、価格との検討でしょうか!?
プラダ携帯は、NTTドコモ製品を扱う販売店で取扱っていますので、バリューコースによる割賦支払いができるようになっています。割賦支払い方法では、約3万〜4万円を頭金にし、残りを月々の分割にすることも出来ますよ♪

ドコモ(docomo)のプラダ携帯の機能は!?

プラダ携帯は、使用者にとって果たして使い勝手の良いものになっているのでしょうか!?ネームバリューだけなら他の機種にした方がいいですよね。そこで、プラダ携帯の中身について紹介します。
docomoのプラダ携帯は98.8 x 54 x 12 mmという非常にコンパクトなサイズになっています。また、3インチ240x400のワイドタッチスクリーンを採用していますが、従来の携帯の操作方法が出来る方なら、簡単なものなら説明書を読まずに操作できるのではないでしょうか。
プラダ携帯の通信速度は、ドコモの中でも最高クラスFOMAハイスピード(HSDPA)の7.2Mbpsに対応していますので快適に使用することが出来ます。当然ながらiモードやiアプリ、そしてデコメールやデコメ絵文字、iチャネルなどにも対応しています。また、音楽や動画などのメディア再生機能や200万画素カメラ・iモーションなどの機能も搭載しています。しかし、ワンセグやおサイフ携帯には非対応となっていますので注意して下さいね♪
プラダ携帯は、一部非対応となっている機能がありますが、全体的にオシャレで使い勝手の良い完成度の高い製品と言えるのではないでしょうか。

Copyright © 2008 プラダ携帯(PRADA Phone).Navi
06/14 のラッキーページは プラダ携帯(PRADA Phone).Navi   [ページ一覧]